診療メニュー

診療メニュー

包茎治療

包茎とはペニスの亀頭部分を包皮が覆ってしまっている状態のことをいいます。
通常は成長に従って、この包皮が剥けてくるようになり亀頭が露出してくるのですが、日本人男性の多くは成人後も包茎の方が多いと言われています。
包茎は早漏の原因となってしまったり、不衛生であったりと悪影響を及ぼすことが多いですので、なるべく早いうちに治療を行うことが望ましいでしょう。

包茎の種類は、以下の仮性包茎」「真性包茎」「カントン包茎3種類に分けられます。

仮性包茎

仮性包茎

仮性包茎は平常時は亀頭が包皮に覆われていますが、勃起時には包皮が剥けて亀頭が露出するという状態の包茎のことをいいます。また手で剥いても傷みを感じることもなく、スムーズに亀頭を露出させることができますが、放っておくと体の動きによって包皮が元通り亀頭を包んでしまいます。
日本人の成人男性に一番多いのがこの仮性包茎だと言われています。

マイナスポイント

仮性包茎の場合は、容易に亀頭を露出させることができますので、清潔にすることも可能ですが包皮が戻ってしまう際に陰毛を巻き込んだりして、包皮を傷つけてしまうことがよくあります。
炎症を起こしてしまったりする前に治療することが望ましいでしょう。

真性包茎

仮性包茎

真性包茎とは包皮の先の部分、包皮口がかなり狭くなっているため一切包皮を剥くことができない状態のことをいいます。 全く亀頭を露出させることができないため、過敏になっており早漏の原因となってしまいます。
ケースによっては包皮と亀頭がぴったりと癒着してしまっている場合もあり、その場合は無理に剥こうとすると激しい傷みを伴ったり出血してしまうこともありますので注意しなければなりません。

マイナスポイント

真性包茎の場合は常に亀頭が覆われているため、恥垢が溜まりやすく悪臭を放ったりと非常に不衛生です。
またセックスの際に激しく刺激されることで傷みを覚えることもあり、非常に問題が起こりやすいですので早急に治療をすることが必要だと言えるでしょう。

カントン包茎

仮性包茎

カントン包茎は真性包茎と非常に近い状態にあるのですが、真性包茎よりは若干包皮口の締め付けに余裕があり、強引に剥こうとすれば多少は亀頭を露出させることができる、という状態のことを指しています。
無理に剥いてしまえば完全に亀頭を露出させられることもあるのですが、包皮口が狭いために亀頭の根元部分を締め付けてしまうこととなり、そのまま維持することは困難な状態となります。

マイナスポイント

無理やり剥いてしまうことが可能とはいえ、前述のとおり非常に強い締め付けで亀頭をうっ血させてしまい亀頭が腫れ上がることがあります。
酷い場合には亀頭を壊死させてしまう可能性もありますので、カントン包茎の場合もまた、なるべく早期の治療が必要と言えるでしょう。

包茎・男性器に関する美容治療やAGAのお悩み、お気軽にご相談下さい

AGA治療

AGAとは

日本人男性の3人に1人は薄毛に悩んでいると言われており、その原因の多くがAGA(Androgenetic Alopecia:男性型脱毛症)と言われています。
AGAは前頭部や頭頂部に見られる男性特有の脱毛症のことを言い、発症するサイクルとしては、男性ホルモンの「テストステロン」と還元酵素の「5αリダクテーゼ」が結合して生まれる「DHT(ジヒドロテストステロン)」が毛根を刺激します。

それが原因でヘアサイクルの乱れを引き起こし、髪の毛の成長を阻害し細く抜けやすい状態にさせます。つまりDHTの影響によって、ヘアサイクルが短くなることで抜け毛や薄毛状態を促進させているという仕組みです。
また、生活習慣の乱れやストレスなどが抜け毛を誘発させる原因の1つとも言われています。

AGA治療は、専門医療機関で

AGAは脱毛症の病気の1つである為、医療機関での治療が可能です。

育毛サロンなどの民間施設では、薄毛部位を隠したり頭皮ケアなどが中心です。その為、AGAの進行を遅らせたり、抜け毛を抑制することは出来ません。もし、患者様が薄毛を治したい、改善したいとお考えであれば医療機関での専門治療をお勧め致します。
AGAは進行性の為、早期発見・早期治療が一番のポイントとなります。抜け毛等の症状が浅い内に治療を開始 することで、AGAを改善しやすくなります。

当院はAGA・薄毛治療専門医療機関として承認されている為、日本皮膚科学会が発表する「男性型脱毛症ガ イドライン」で認められている、様々な治療方法で施術することが出来ます。 「男性型脱毛症診療ガイドライン」によれば、クラスAの評価を得たのは『フィナステリド』 と『ミノキシジル』による 薄毛治療のみの評価となっており、これらの内服薬は医療従事者である医師しか処方することが出来ません。

推奨される男性脱毛症の対処法

オリジナルのAGA治療

AGA治療は患者様の原因に合わせ施術を行うことが大切です。 当院でご用意しております治療の目的は、大きく分けて3つです。

当院のAGA治療3つの目的

この3つの目的をお悩みの原因に合わせて、必要な治療をバランスよく組み合わせる事で、患者様専用のオリジナル治療コースをご提案させて頂くことが出来ます。

AGA治療薬

AGAに有効とされている内服薬のご処方や外用治療はもちろん、患部に直接アプローチできる有効成分の注入などを組み合わせて治療することでより治療効果が期待できます。 またこれらの施術においては、AGA療を専門とした医師が施術する為、複合的なAGA治療をすることが 可能です。

AGA治療薬

AGA治療薬

当院では、患者様の患部の状態やAGAの進行状況に合わせて、必要な成分をブレンドし処方しております。先ほどお話した『日本皮膚科学会』が進める成分だけでなく、他にも頭髪の成長に必要なビタミン・ミネラル・アミノ酸等もバランスよく補うことが出来きます。

注入治療(メソセラピー)

注入治療

薄毛治療専門の医師による注入治療です。
頭皮にAGAに有効な様々な成長因子や再生促進成分、発毛促進成分をブレンドし、直接患部に注入します。
気になる箇所にピンポイント治療が可能です。

こんな方におすすめです!

・ 最近、髪のボリュームが減ってきたと感じる
・ 自分に合った治療法を知りたい
・ 他院で治療しているが、効果が感じられない

包茎・男性器に関する美容治療やAGAのお悩み、お気軽にご相談下さい

男性美容

亀頭・陰茎増大

「亀頭増大」とは注入剤を亀頭全体や亀頭の部分に注入し張りを出し、亀頭をより「大きく」する方法です。また軽度の仮性包茎が解消される場合もございます。
施術時間が10分程度で入院の必要もないとうこともあり「亀頭増大」の施術をする男性が増えてきています。平常時でも亀頭が大きくなる為、見た目の変化を実感することができます。浴場など着替えの場で気になっていた方もコンプレックスを解消できます。

こんな方におすすめです!

・亀頭の見た目の増強を実感したい
・ペニスが先細りを感じている
・軽度の仮性包茎

長茎術

長茎術とは、ペニスの長さを今よりも長くする治療法のことを言います。
メスを使う埋没部露出術は、平常時にペニスが埋まってしまっている「サオ」の部分を引き出し固定する治療を行うことが出来ます。
長茎術はメスを使った埋没部露出術長茎術と、メスを使わない「切らない術式」の二つの方法があります。
※注意:症状によっては、長茎術では改善効果が薄い可能性もあります。詳しくはご相談下さい。

こんな方におすすめです!

・見た目のコンプレックスを解消したい方
・ペニスが短く座ると体の中に埋まってしまう感覚がある方

早漏防止治療

早漏防止治療はその言葉の通り、「早漏」を防ぐための施術です。 早漏を防止するための治療は、注入剤を性感帯に注入することによって行われます。
性感帯に注入剤を注入し、刺激に対して敏感な箇所を強くすることが可能です。 早漏防止治療にかかる施術の時間は比較的短時間で、入院の必要もアフターケアもほとんど必要ありません。
※注意:早漏は個人によって、その理由・見解がまちまちです。 それに対処する治療法も適合有無が発生します。詳しくはご相談下さい。

こんな方におすすめです!

・パートナーとの性交渉において、早漏に悩んでいる
・刺激に敏感だと感じている

ワキガ治療

ワキガは腋臭症(えきしゅうしょう)とも呼ばれ、男女ともに発現するものです。
ワキガの人の大半の方は「アポクリン汗腺の数が多い」と言われます。 ワキガの原因は、アポクリン汗と皮脂が、エクリン汗の湿り気で混ざり合い、それを細菌が分解することで発生します。

アポクリン汗腺は、ワキガの原因であるアポクリン汗を分泌する部分で、このアポクリン汗腺の数が多ければ多いほど、ワキガになりやすい体質となります。
多汗症については、臭いの問題でなく人よりも大量に汗をかいてしまうという状態が不衛生なのではないか、と思いコンプレックスになるケースが多いです。 多汗症により人前に出る恐怖を覚え、また人前に出るプレッシャーからより汗をかいてしまう悪循環が起こりやすくなってしまいます。
悪臭や外見から神経質になりすぎたり悩み過ぎたりせずに、まずはお気軽にご相談ください。

では、ワキガや多汗症などのデリケートなお悩みに関しても、患者様お一人お一人にあった治療法を提案致します。
ABCクリニックでは、ワキガ手術の中でも安全性が高く十分な効果が得られる組織削除法と、メスを使わず簡単にワキガ・多汗症を改善するボトックス注入法で主に治療していきます。
どちらも熟練した医師による施術が求められますが、ABCクリニックの経験豊富な医師が丁寧な施術を致しますのでご安心ください。

組織削除法

ワキガ・多汗症の原因となる、皮下組織にあるアポクリン汗腺やエクリン汗腺、皮脂腺のすべてを取り除く治療です。
経験豊富な医師によりワキガが再発しないようにきちんと組織を削り取る方法ですので、根本的な解決が可能です。

まず、麻酔の後に、ワキの下を切開します。
そしてローラーとカミソリのような物が付いた専用の器具で皮膚を挟み、皮下組織を削除していく手術になります。

個人差がありますが、大抵の方はワキ毛を有る程度残すように手術することが可能です。
手術後から、一週間程度ワキを固定していただく必要があります。
手術後の注意点に関しましては、別途詳細をご説明させていただきます。

ボトックス注入法(Botox注射)

ボトックス注入法(Botox注射)は安全性の高い注入剤で、たんぱく質の一種です。
ワキに注射することで、メスを使わずに、ワキガの原因となるアポクリン腺や、エクリン腺の活動を抑制させます。
汗の分泌を抑えるため、匂いの軽減が可能です。
比較的、ワキガの症状の軽い方に向いている治療方法です。

ボトックス注入法(Botox注射)は、汗腺そのものを取り除く治療ではないため効果に時間の制限があります。
個人差はありますが、約半年から1年程度は汗の量を抑えることが可能です。
施術直後から通常通りの生活を送っていただけます。特に通院の必要はありません。

こんな方におすすめです!

・ワキガを根本的に解決できる治療がしたい(組織削除法)
・ワキガのみならず多汗症も同時に解決したい(組織削除法)
・軽度のワキガで気軽に治療がしたい(ボトックス注入法)
・安全で安心な施術でワキガを治療したい(ボトックス注入法)

包茎・男性器に関する美容治療やAGAのお悩み、お気軽にご相談下さい