HARG療法とは

HARG療法とは

HARG(ハーグ)療法とは、再生治療の一種で有効成分を頭皮に注入する治療法で、医療機関のみ施術が認められている発毛・育毛療法です。
HARGカクテルという成長因子を含む薬剤を、気になる箇所に直接注入し、毛髪を作り出す細胞(毛母細胞)を活性化させます。活性化させることで、乱れたヘアサイクルを正常化させ、細胞自らが再び発毛するように促すことで薄毛を改善します。

HARG療法の仕組み

HARGカクテル

HARG療法に使用する、HARGカクテルとは、幹細胞から抽出された150種類以上の成長因子を含んだ「AAPE」と毛髪再生に必要な各種栄養素をブレンドしたものです。
このAAPEには、毛母細胞を増加し毛髪の成長を促す成長因子など発毛に有効な成分が凝縮されています。

メソセラピー(注入治療)との違い

AAPE

注入治療との最も大きな違いは、毛髪再生に必要な成長因子「AAPE」の有無です。
「AAPE」とは脂肪幹細胞から抽出したたんぱく質で発毛に必要な成長因子を含んでいます。この成長因子が毛髪の「育毛・発毛・維持」を促します。
一方のメソセラピーは、発毛の促しや、抜け毛を防ぐことを目的としています。

HARG療法の特長

①副作用がほとんどない

AGA治療の一般的な治療方法の内服薬では、副作用のご相談も頂きますが、HARG療法では副作用がほとんどございません。使用するHARGカクテルの幹細胞は、人間の脂肪組織からタンパク質を抽出したものの為、アレルギー反応などの心配もございません。

②持続的な効果

これまでのAGA治療は「脱毛を抑制する」ことを目的としたものが多く、効果を保つには治療を継続し続ける必要がありました。ですがHARG療法はヘアサイクルそのものを正常化させるだけでなく、毛母細胞が自ら発毛を始めるようになる為、治療期間だけでなく治療後も継続的な効果が期待されます。

③PRP療法との併用が可能

当院では、先端治療である再生治療のHARG療法とPRP療法の2種類をご用意しております。
再生療法の1番の特長は「治療後も効果が持続される」という事です。これまでの薬剤そのものの効果で脱毛を抑制・発毛を促すのではなく、細胞そのものを活性化・修復・再生することで、本来細胞が持っている力を利用します。
また、2種類を組み合わせることで、頭皮の再生をより効果的にすると考えられています。

④最新機器で患部へ注入

最新治療機器U225(メソガン)

注入する際は一般的に注射器を使用しますが、当院では、最新治療機器U225(メソガン)を使用致します。
特徴として患部に効率よく、均一に注入することが可能で痛みもほとんどない為、患者様のお身体への負担が少なく、治療を受けて頂けます。

IBCなら発毛から育毛まで

これまでにAGA治療をされた方の中で、あまり効果が感じられなかった方もいらっしゃるのではないでしょうか?
その理由の1つとして、頭皮自体が髪の毛を増やす準備が出来ていない可能性があります。髪を成長・発毛させる役割である、頭皮そのものが弱くなっている可能性があります。細胞そのものを再生し治療することで効果が得られやすくなる可能性があります。
また、頭皮再生を含め、内服薬や注入治療(メソセラピー)で複合的に治療することが可能です。

患者様それぞれのご要望や原因に合った治療法をご提案させて頂きます。

返金保証制度
悩む男性

当院では、薄毛治療で効果を実感頂けない場合に返金保証制度を
ご用意しております。
内服薬だけでなく、注入治療にもご適用が可能です。
その為、初めて薄毛治療をご検討されている方や内服薬以外の治療方法をご検討されている方でも、安心して治療に臨んで頂けます。
詳細につきましては、カウンセリングの際にご説明させて頂きます。
※頭皮の状態やご契約内容によって、適応条件が異なります。

包茎・男性器に関する美容治療やAGAのお悩み、お気軽にご相談下さい